★初老のソングライター:ケンローのオフィシャルBlogはここです

定年退職した元サラリーマンが日々の生活と音楽制作と格闘する記録です

M1について(KORGじゃないほうの)

f:id:kenro1601b1:20181206125501j:plain

<M1の取説>


 

 2018年のM1GPも面白かったですね。

 個人的には、かまいたちジャルジャルが良かったな。特にジャルジャルの「ゼンチン」は本当に笑った。久しぶりに腹と頬が痛くなりました。但し彼らは決勝戦で使い古しのネタを持ってきてしまった。「あと一ネタ」が用意できていれば・・・。惜しい。

 優勝は和牛でも良かったと思うけど、最後に置きに行った感が出てしまった。もう一つどんでん返しを用意していれば決まってたかな。

 霜降りはボケもツッコミも、新しいスタイルを開発して見せた。そこがハナの差一つ前へ出た理由でしょうか。

 

 ところで、せっかくの素晴らしかったM1に水を差した(水をかけた)出場者がいたようで、お笑いのファンとしてはとても残念だし情けないですね。「自分の感情だけで審査した」と思っている時点で彼らは何も分かっていない。上沼さんが「嫌いです」って言ったのを本心と捉えるのは短絡でしょう。

 本当は「そのやり方じゃ万人受けしない(=「おばちゃん達には嫌われる」)ということ、だからそれ以上どんなにやっても高得点はとれないということを、彼らが傷つかないようにオブラートに包んで分かりやすく表現したかったのだと思う。

 でも上沼さん、彼らが努力していることは知っているから、親心から、自分のせいにして半分「ボケ」ている形なのに、それに気づかないのはだめだな。

 そのボケを拾って、皆が笑えるノリツッコミをとっさにできるように芸を改良してほしい。「更年期障害」というフレーズは、ボケ役に言わせれば何倍も膨らむでしょ。ツッコミが使ったらあかん。一回で使いきってしまう。

 

 M1で優勝するってことは、翌日からいきなり全国区になるということでしょう。生放送の観客は若い女性ばかりだったけど、寄席やTVで見てくれる人口は、おばちゃんが圧倒的なんだからね。ジャルジャルやミキのことを「好き」って言ってたのも、おばちゃんたちには人気出るよという評価からであって。決して個人的な好き嫌いだけじゃないはず。そこは分からなくちゃ。ちょっと近視眼すぎたね。

 いずれにしろ、奇行や驚きを狙うスタイルや、相方をいじめているように見えてしまうのは、素直に笑えないので長続きしないと思う。

 しっかり謝罪して反省して、懲りずに頑張ってほしい。