★初老のソングライター:ケンローのオフィシャルBlogはここです

定年退職した元サラリーマンが日々の生活と音楽制作と格闘する記録です

Chris Montan に関するちょっといい話

f:id:kenro1601b1:20181010133134j:plain

 Chris Montanと言っても、知っている方は少ないでしょうね。ウエストコースト系のシンガーソングライターで、カーラ・ボノフアンドリュー・ゴールドのバック等でギターやキーボードを弾き、1980年に発売された 'Any Minutes Now'というアルバムが、唯一の作品。そこからシングル・カットされた、'Is This The Way Of Love’(邦題:トワイライト・アワーズ)が中ヒットしていました。Stephen Bishopとも通じる部分があり、私も当時「いい曲だな~」と思って聴いていました。

www.youtube.com

 残念ながら作品はこれだけで、その後の活動はまったく分からず、いわゆる「一発屋」として終わったアーティストだったのかな・・・と思っていました。

 ところが最近、驚いたことがありました。夏頃TVで放映されていたディズニーのアニメ「ズーラシア」を録画しておいたのですが、先日ようやく再生してみました。うん、面白かった・・・上戸彩のアフレコもかわいいし、ストーリーも良くできていてさすが・・・と思ってエンドロールを何気なく眺めていたところ、なんと、Music Producerのところに、Chris Montanの名前がありました。

 えっ、同姓同名かな?・・・と思って検索したところ、なんとあの本人が、90年代からディズニーアニメ専属の音楽監督をやっていたんですね。しかもTVや映画界でいろんな賞も取っているらしい。知らなかった~。

disney.wikia.com

 もう、いい年をしたおっさんですけれど、写真では良い顔をしています。どんな事情かは良くわかりませんが、過去に好きだったアーティストが、売れなくなってまったく別の仕事をしているのではなく、仕事として音楽に携わりヒット作に関わり続けているというのも、なんだかうれしいことですね。

ではまた。