★初老のソングライター:ケンローのオフィシャルBlogはここです

定年退職した元サラリーマンが日々の生活と音楽制作と格闘する記録です

Rockin’ Onとレコードコレクターズ(世界のPOPSシーンと日本のROCKジャーナリズムの明暗)

 久々に「ああ、これこれ!こういう記事を待ってた」と思ったのが、現在発売中の ”Rockin' On” 3月号です。

f:id:kenro1601b1:20200222162848j:plain

 一番ショックを受けたのが、特集記事のトビラで編集長の山崎氏が書かれた「00年代からロックはヒップホップ/エレクトロミュージックによって完全に相対化されてしまった」というコメント。「ついに書かれてしまったか・・・」と感じましたね。

 ここからは私の意見ですが、「相対化された」とは、つまりロックはPOPミュージックの1カテゴリーに過ぎなくなってしまったということ。そのことをロック専門誌だった "Rockin' On" が書いたこと自体、画期的なことだし、英断が必要だったのではと思います。

 昔、60年代~80年代くらいまでは、ロックと言えば若者の音楽のすべてと言っても過言ではありませんでした。ところが今日のヒップホップ隆盛のシーンを見ればわかるとおり、今どきの言葉で言えば、ロックはもはや「オワコン」であるということ。

 私のような、60年代の終わりから洋楽を聴き続けてきた世代にとって、正直、読みたくなかったけれども読みたかった文面。自分でもうすうす感じていて、いづれ誰かに宣告してほしかった言葉だった気がしてます。

 

 私はもともとロックファンではなく、あくまでもPOPSのファンなのだけれど、音楽の要素としてロックのメソッドを取り入れてヒットした曲は山のようにあるし、そんな曲を愛聴してきたことも事実。でもここ数年、ヒップホップの全盛で、メロディもアレンジも薄い曲ばかりになり、つまらない曲ばかりの時代になってしまったと感じます。

 ロックの持っていた要素の中でとても良かったのは、ルーツミュージックに根ざしていたこと(甘じょっぱい味付けの底に魚介出汁のうまみがある感じ)、ダイナミックレンジの広いアレンジが取り入れられていたこと、それぞれのアナログな楽器ごとに、超絶技巧の職人プレイヤーがいたこと、数人のバンド形式による楽器編成の薄さを補うため、しっかりしたコーラス/ハーモニーがあったことだと思う。それがヒップホップやエレクトロのおかげで衰退してしまったことに、とても寂しさを感じます。

 

 最近ようやく、テイラー・スイフトエド・シーランやポスト・マローンなどのおかげで、POPSにメロディーが戻って来た。光明が差してきた気がします。ソロ歌手が全盛で、バッキングはコンピュータだしハーモニーもまだ復活しているとは言えないけれど、この際、この記事のおかげで、そんなシーンの実態を現実と肯定し受け入れ、前を向くことができるような気がしてきました。

 特集記事の中では、この10年間の重要なアーチストたちの最重要アルバムを紹介していますが、どれも肯定的で、すべてのアルバムを聴いてみたい衝動に駆られます。POPSの未来はまだまだ明るいと思える、いい特集です。

 

 一方、レコードコレクターズのほうはと言えば、今回はこんな特集です。f:id:kenro1601b1:20200222170927j:plain

 私は90年から、好きなアーチストの特集のたびに同誌を購入して愛読して来ました。今回で51冊目になりますが、さすがにここ数年の同誌の衰退はひどいと思う。

 1月号の特集がビートルズ、2月号がクイーン、そして今回がこれ。さすがに厳しいな。「70年代のベストアルバム100」なんて、2007年の6月号でやってたし。時々はこういう温故知新もいいけれど、最近全くと言っていいほど現代の(現役の)アーチストの特集をやってくれません。

 

 もはやこの雑誌は、読者(レコードコレクター)のための、アーチストやアルバムを紹介する機能を果たしていないと思う。なぜなら、これを読む読者たちはおそらく60代後半~70代の人々で、、紹介されたレコード(CD)はほとんどが既に所有しているはずだから。新規のコレクションの購入に結びつくとは、到底思えません

 1月号のビートルズ特集は、さすがに買う気になれず立ち読みしかしませんでした。彼らのフォロワーであるアーチストをたくさん取り上げていましたが、しかしそれらのバンドもほとんどが既に解散、引退し、活動しているとしてもシーンからは遠く離れています。

 確かにビートルズは偉大だったと思いますが、しかし今更50年前のバンドを深く掘り下げても手垢の後を発見するだけなのではないでしょうか。仮に新しい情報があったとしても、今更50年前のバンドの新情報が、何の役に立つのでしょう。

 これはまるで、「風の谷のナウシカ」の原作漫画に出てきた、千年前の科学技術を伝承するためだけに存在する「シュワの墓所」の僧侶たちにそっくりです。

 

 もっと取り上げてほしいアーティストはたくさん居たのに。ロックももはや死語なら、レコードもレコードコレクターもいずれ死に絶える。その運命に逆らって意地を通し続けることは、本当のロックスピリットなのでしょうか。

 

 そんなことを感じた、2誌の特集でした。

 

ではまた

 

アル・スチュアート 「イヤー・オブ・ザ・キャット」

 A-から始まるアーティストのご紹介。その②はAl Stewart。代表作と言えば、彼が1976年にヒットさせた、この曲と同名のアルバムです。

 プロデュースはアラン・パーソンズ、ジャケット・デザインはヒプノシスとのこと。当時、この中に猫が何匹描かれているのかが、ちょっとした話題になりました。(10匹以上いますよ)

 シングルは全米8位、アルバムは5位の大ヒットです。

f:id:kenro1601b1:20200113093755j:plain

このCDは1982年に発売された輸入盤です

f:id:kenro1601b1:20200113093919j:plain

 Al Stewartは1945年(昭和20年)イギリスのスコットランド生まれ。でもこの曲もアルバム全体も、とてもアメリカン・テイストの、今でいうAOR路線のサウンドです。

 曲の歌詞は「猫年」を舞台にしたファンタジックなもの。アジア圏の干支をモチーフにしたようです。(チベットベトナム、タイなどでは「兎年」の代わりに「猫年」があるそうです)

 

 6分40秒もある長尺の曲ですが、少しも退屈さを感じません。

 美しいピアノからイントロが始まり、リズム隊がスタートすると、彼本来のフォーク的な、比較的平坦な淡いメロディが淡々と展開しますが、途中しっかりピアノのオブリガードがメロディをサポートし、要所要所でスナップ写真を撮るように、印象的なドラムのフィルが入って、次第に曲が盛り上がって行きます。

 そして間奏に入ると曲調が一変します。実はここが一番の聴きどころ。

  流麗なストリングスから、まるで夜の繁華街のネオンサインの瞬きのような、きらめくアコースティック・ギターのソロ~そんな都会に潜む狂気を表現したようなエレキギターの咆哮~そして情感たっぷりのサックスへと、さまざまな楽器をふんだんにちりばめたアレンジで演奏が続いて行きます。(この間、1分20秒くらい)

 再びボーカルに戻り、歌い終わった後は、まるで映画のようなエンディングです。

 もう一度、終焉を告げるようなストリングスと、”終わり”のチャイムのようなエレキのフレーズ、別れを惜しむ鳴きのサックス・・・(ここでまた1分30秒ほど)。ゆっくりとしたファイド・アウト。

 最後は、主人公が車の窓から、寂しげな表情で町が遠ざかってゆくのを見つめている・・・そんな光景が目に浮かんで来そうです。

 少しも曲が長いと感じませんし、むしろ少しでも長くこの時間に浸り続けていたい・・・。そんな気さえしてくる、珠玉のアレンジだと思います。1曲リピート必至ですね。

 

ではまた。

 

アルバート・ハモンド 「カリフォルニアの青い空」他

 さて新年一回目の記事ですが、今年は前回お話ししたCD700枚・・・の中から、私がこれまで何度となく愛聴してきたアーティストやアルバム、特に大好きなシングル曲を、順次ご紹介して行きたいと思います。若い人はきっと知らないだろうからね。

 あ、でも700枚全部はやりませんよ。毎週1枚づつ取り上げても13年以上かかるからね・・・終わる前に死んじゃうかもしれない。

 さて第一回はAlbert  Hammondです。

f:id:kenro1601b1:20200110192039j:plain

このCD、実は輸入盤なんです。上野駅の通路の出店で買いました。

 帯にも書いてある通り、何といっても代表曲は「カリフォルニアの青い空」です。原題は「カリフォルニアに雨は降らない」(でも降れば土砂降り)。

 1973年といえば、私が15歳・中学3年の頃。ラジオの深夜放送でよく流れていたっけ。勉強するふりして夜更かしして聴いていました。今でもカラオケに行くと時々歌いますよ。英語の曲だけど、簡単だから誰でも歌えます。

 

 歌詞は結構自虐だけど、なにせ曲調が明るくて全然深刻さがないのがいいですね。彼はイギリス人だそうだけど、日本人と共通するようなウエット感がないんです。てっきりアメリカ人かと思っていました。

 前奏のアレンジも最高。曲が始まるや否や(as soon as)眩しい太陽が見えてくるようです。JBLやALTECのスピーカーで聴いたら最高ですね。こんな曲を自分も作ってみたいです。

 その他のヒット曲としては、「落ち葉のコンチェルト」「ダウン・バイ・ザ・リバー」など。アート・ガーファンクルが歌った「99マイルス・フロム・LA」なんかも彼の作。なかなか良いですよ。

 

ではまた

American Music Aword 2019見ました?

 Twitterでは盛り上がってるみたいだけど、Blogの住人の皆さんはあまり関心がないのかな・・・? 私はアメリカンポップス大好きなので、話題にしたいと思います。

 今年もNHK-BSが放送してくれました。ありがたいですね。いつもBillbord TOP40をチェックしていますが、見られるのはパッケージされたMusicビデオだけなので、一度見てしまえば何度も見る気は起きません。

 でもこんな形で、世界の音楽シーンを動かしているトップアーテイスト達の、生の姿やコメントを言う姿を見聞きできるのは本当に素晴らしい。

f:id:kenro1601b1:20191230203511j:plain

 日本のレコード大賞なんかとは全く違って、多くのリスナーが納得するであろう、ヒットチャートを正しく反映したノミネート/受賞だし、そもそもショウとしてとても豪華でした。

 若いアーティストだけでなく、往年のヒットメーカーやレジェンドクラスも出て来てくれるのがまた良いですね。Carol KingがTaylor Swiftに賞を贈るなんて、ちょっと涙ぐみそうになりました。

 

 その他のライブもスゴイ。Aliana Grandeが出てこないのは残念だったけど、Bilie Irishは生意気で、Camila Cabelloは華奢で可愛かったし、Post Maloneも良かった。

(彼はRapperとしてRap Albumで受賞しているけど、ちゃんとメロディーとアレンジがあるから好きですね。Rap系が嫌なのは、メロディーがなくてリフをひたすら繰り返すパターンの奴)

 特にHalseyのパフォーマンスはすごかった。あれを本番のステージでしっかりやり遂げたのは圧巻! そうとう準備したんでしょうね。

 

 そしてTaylor。「この10年で最高賞」とは、ん~そうかもしれない。

 この10年、アメリカでは白人が発明したRock’n’Rollのフォーマットが死に体となり、アフリカンやスパニッシュ系・ラテン系のギャング達による、下品で赤裸々なRapが、隆盛を極めた時代だったと言えるのではないでしょうか。

 そんな中、彼女は伝統のカントリー畑から出てきて、耳に残るメロディーとしっかりしたアレンジ、気品のある気高いメッセージで、やがてPOPSの最前線で数々のヒットを飛ばしてくれました。

 その姿は、古き良きアメリカンミュージックの正当な継承者であり、国力の衰えによって意欲が減退した白人たちの心を、トランプ大統領の何倍も奮い立たせる希望の星なのかもしれません。

(もちろんAWAそれ自体が、白人寄りに作られているのだろうけれども)

 

 しかし実際、Taylorの登場以降、POPSを追及するミュージシャンが数多く現れ、Rap/Hip hop一辺倒だったシーンも、次第に昔のようなメロディーやアレンジ重視の曲が増えつつある気がします。

 Taylorは、そんな現代=POPSルネッサンス時代のジャンヌ・ダルクのような存在と言ったら、言い過ぎでしょうか。

 

 それにしても、Taylor とCamillaとHalseyの3人で歌う”Shake it off”は素晴らしかった。身長の高いTaylorが真ん中で2人を従えていた形になっていて、女王様みたいでカッコよかった。

 やっぱりスターってすごい。

 

ではまた。

CD700枚 LP300枚 DVD120枚 カセットテープ200本

 私は長年音楽を聴いて来たため、こんなに「財産」を持つことになってしまいました。この写真はあくまでもコレクションの一部にすぎません。6畳間のほぼ壁一面が、各種音源の保管場所になっています。

f:id:kenro1601b1:20191208114115j:plain

これで2分の1です

 現代はストリーミングの時代ですから、若い方には考えられないことですよね。死ぬ前には処分しなければならないと思いますが、まだ踏み切れないでいます。

 POPSの歴史や、オーディオの歴史、記憶メディアの変遷に伴って積み重ねてしまった、ある意味で時代に翻弄されてきた自分の人生の一側面の縮図でもあり、なかなか廃棄することができません。愛着がありすぎるのです。

 きっと今の家賃が払えなくなって、もっと小さいアパートへ転居するしかなくなるまで、気持ちの整理ができないまま、維持し続けるのでしょう。

 

 POPSの歴史をたどるための資料になりうるとも思うのですが、とは言ってもそれほど希少価値があるわけでもない思います。今後は、それぞれのアーティストや作品について思い返しながら、少しづつ断捨離して行くことですかね。

 そんなわけで、これから一枚づつ、あれこれ思い出しながら、このBlogで綴って行こうと思います。よろしくお願い致します。

 

Chicago Chrismas (Chicago 37)  ◆アルバム・レコメンド◆

 去る11月4日、Chicagoは3枚目のクリスマス・アルバムを発売しました。(通算では37枚目になります)

 私は中学生時代からのChicagoファンなので、ご紹介させていただきます。

f:id:kenro1601b1:20191130123259j:plain

 私は別にクリスチャンでもなく、クリスマスパーティをする習慣があるわけでもないのですが、昔からのファンとしては「買わないという選択肢はないやろ~」と、コレクションの一環として輸入盤を購入してしまいました。(日本版が発売されるアナウンスは、今のところありません)

Chicago について

  1960年代、アメリカ西海岸から発祥した「New Rock」の一カテゴリーとして注目され「ブラスロックの雄」と言われた彼らも、ベトナム戦争が終わるとともに政治的主張が後退し、やがて個人生活にフォーカスしたラブソング中心のPOP路線に曲づくりを変えて行きました。

 アルバムやシングル曲のヒットによる成功を重ね、メンバーチェンジも重ねながら、彼らは「産業ロック」のメインコースを歩んでいきました。

 しかしその後、時代の波は変わりシーンもすっかり様変わりした結果、彼らは結成50年を超える伝説のバンドとなりましたが、すっかりヒットチャートの第一線からは遠のき、現在は初期のCBS/コロンビアレーベルを離れ、たくさんの過去の遺産的なカタログを集めるライノレーベルの所属となっています。

 

  今更どんな主張があろうが良い新曲を出そうが、彼らが再びヒットチャートに姿を現すことは考えられませんが、それでもいまだに毎年全米ツアーを行い、年齢を感じさせない新しい音を生み出し続けてくれているのは、リアルタイムで聞きこんできた、一緒に年を取ってきたファンとしては、うれしい限りです。

 アルバムについて

 さてアルバムは10曲(11音源)入り。一般に知られているクリスマスのスタンダードナンバーは2曲のみ、後はメンバーのオリジナル6曲(1曲のみ2バージョン収録)+外部作家1曲+バート・バカラックの「What The World Needs Now Is Love(世界は愛を求めてる)」のカバーという構成ですが、いずれも、いかにもクリスマスの雰囲気を感じさせる曲とアレンジが施された内容になっています。

f:id:kenro1601b1:20191130123321j:plain

  中でも手に入れて良かったなと思わせてくれたのが、2曲目の”All Over The World” これは新加入のボーカリスト:Neil Donellのペンによるもののようです。ハッピーでキャッチーな曲調で、アレンジも伸びやかな往年のスマッシュヒットのフォーマットです。

 もしこれが発表されたのが1970年~80年代であれば、間違いなくBillboardやCashboxのチャートで10位~20位代くらいには入っていただろうし、毎年リバイバルされる、ワムやマライヤ・キャリーなどと同じ扱いになっていたかもしれません。(それが狙いで制作したのかもしれませんが)「信頼のブランド・Chicago印の」と言った感じの曲ですね。久々の「1曲リピート」です!

 

 そしてこのアルバムは、アメリカの中産階級の家族で、昔は貧乏だったけれどグランパとその仲間たちが頑張ったおかげで家も村も豊かになり、素直で優秀な子供たちが更に稼業も発展させてくれて、かわいい孫たちも生まれて豊かな生活を手に入れることができた、そんな一族のクリスマスパーティの情景を歌ったような、夢のある時代のハッピーなひとこまを描写したような空気感で満たされています。

 現代の、妬みがましいラッパーの若者たちからは”Shit!”と言われそうな、「リア充」と言われ揶揄されるような典型的な成功者一家の姿。それを今どきこんなに正面切って素直に肯定し、臆面もなく表現できるのは、古き良き時代の記憶を持っているアメリカの白人だけなのかもしれませんが。

 

 でも私は子供のころから、こんな世界にあこがれを持っていました。自分では手にすることはできませんでしたが、今も「いいなあ」と思って聴いています。

 大御所の役者か往年のミュージカル・スターのように、大見得を切って、“Marry X’mas,and I love you~”なんて、密かに歌ってみたくなる、ノスタルジー溢れるアルバムです。そんな気持ちに浸りたい方は、どうぞ!

 

ではまた。

 

読書の秋です

 すみません。3か月ぶりの更新です。

 前回、古典SFのお話をしましたが、以来ずっとはまってしまい、仕事であちこち出張する間の電車やバスの中で、つかの間の読書に耽っています。

 さてSFと言えばロボット、そしてロボットと言えば、元祖はアイザック・アシモフですね。これは2004年にハリウッドで映画化された "アイ・ロボット” の原作となる短編集です。

f:id:kenro1601b1:20191117152250j:plain

 映画は一つの物語のような作りでしたが、実際は約10年間にわたって書き続けられた、短編連作だったんですね。ここに収録されたのは、1940年から1950年までに発表された9つの作品です。

 ストーリーは、初期の機械人形的な風貌のロボット(=ロビィ)からスタートし、やがて人間と見分けがつかないほどのロボットが登場し、宇宙時代の地球のリーダーになって行く話になっています。70年以上も前に発表された作品ばかりですが、少しも古さを感じませんし、まだ実現していない未来の話ばかりで、少し極端にいれば、これから未来に起こるであろう「予言集」とも言える内容です。

 当時アシモフが想像したのは、2030年ころ(執筆当時の約100年後)世界はこんな状況になっているというものでした。あいにく彼の想像よりも現在のロボット工学は進んでいません。それは現在、「鉄腕アトム」も「ドラえもん」も、それぞれ設定された誕生日を過ぎているのにまだ開発されていないことからも明らかです。
 

 将来、本当にこんな時代がやってくるのかどうか、今を生きている人間には皆目分かりませんが、最近のAIの発展を見聞きすると、いずれあと100年か、それとも1000年後、あるいは今から数年先、人間がモラルを忘れ自信を失った時代(既にそんな時代ですが)に、AIやロボットたちに、人類世界の平和的な延命を託さざるをえない時が来るのかもしれません。

 ちなみに、手塚治虫の「火の鳥・復活編」の子守ロボット:ロビタ(アシモフのロビィがモチーフと思われます)が販売されているのは西暦3000年ごろですが。

 

 いずれにしてもその時代、人間がロボットに頼る拠り所は、アシモフの発案した「ロボット3原則」に他なりません。このロジックがあるおかげで、ロボットは単なる機械ではなく、急激に意思を持ち人間味を帯びた、ドラマのキーパーソンになって来るのです。

 それにしても今から70年前に、ここまでの未来を「予知」していたアシモフという作家のイマジネーション力のすごさに、改めて感銘を受けます。とにかくすごい。

 良かったら読んでみてください。短編集なので読みやすいですよ。

 "アイ・ロボット”の続編、作ってくれないかな!

 

ではまた。